意匠登録

意匠登録とは

お客様のビジネス展開および将来のデザインの改良を予測し、関連意匠制度*や部分意匠制度*等を活用した"強い意匠権"の取得をお手伝いします。

商標権とは

「意匠権」とは、「意匠」と呼ばれる物品のデザインを一定期間独占できる権利です。

意匠権
保護対象 物品のデザイン(意匠)
〔物品の形状、模様、色彩など〕
登録要件 工業生産品に利用できること、新しいこと(新規性)、容易に創作できたものではないこと(非容易創作性)など
保護期間 登録日から20年

※審査を経て認められる権利です。

意匠権取得のメリット

商品の購入において、デザインは重要な決定要素です。意匠権の取得は、自社商品のデザインの優位性を確保するだけでなく、自社技術の多面的な保護にも活用できる有効な手段です。

自社商品のデザインの優位性を確保することができる!

意匠権はデザインを独占できる権利ですので、他社のマネを防ぐことができ、自社商品のデザインの優位性を確保することができます。

技術を多面的に保護することできる!

発明に形状を伴う場合は、意匠制度を活用して、デザインの観点からも多面的に保護することができます。また、特許性が低く特許権の取得が難しい発明であっても、形状を伴う場合は、意匠制度を活用して、権利を取得できる場合があります。

意匠権は長くて強い権利!

意匠権は登録から20年間、デザインを独占できる権利であり、特許権・実用新案権に比べると保護期間が長い。また、意匠権は審査を経て認められる権利ですので、審査を経ずに認められる実用新案権に比べると強い権利であるといえます。さらに、意匠権は図面や写真で特定したデザインに付与されるものであるため、侵害の判定がしやすく、権利行使しやすい権利であるといえます。

技術を多面的に保護することできる!

意匠権に基づくデザインを他社に使用させてロイヤリティー(使用料)を得ることもできます。

ご依頼から出願までの流れ

1.お電話かメールで面談の予約をお願いします。

まずはお電話下さい。面談の日時を設定させて頂きます。

受付:011-261-2590(月曜〜金曜9:00〜17:00)|メールでの受付もこちらから

2.面談にて意匠の内容を伺います。

弁理士が、お客様のビジネス内容、意匠の特徴などを伺います。
なお、ご相談の際には、下記の内容がわかる資料をご用意下さい。

  • 意匠が把握できる写真や図面など
  • 意匠(デザイン)のポイント
3.権利化の方針を提案させて頂きます。

権利取得に必要な要件などを検討し、将来のデザインの改良を考慮した権利化の方針をご提案いたします。

出願後の審査と手続きの流れはこちら

このページの先頭へ