設定登録 意匠公報発行

登録料が納付され、設定登録されると、意匠権が発生します。意匠権の内容は「意匠公報」に掲載され一般に公開されます。登録に対して、第三者は無効審判を請求することが可能です。