外国出願

外国出願とは

日本で取得した特許権や商標権の効力が及ぶのは日本国内のみであり、外国には及びません。そのため、事業の海外展開にあたって、外国においても特許権や商標権などを取得したい場合は、その国に出願してそれらの権利を取得する必要があります。
弊所では、外国における特許権や商標権等の取得を諸外国の弁理士と協力して、お手伝いします。

外国特許出願

お客様のビジネスの状況や、権利を取得する国の数・翻訳の準備期間等を考慮して、最適な出願の方法をご提案します。

PCT国際出願 PCT出願とは、PCT(特許協力条約)に基づいて、国際的に統一された手続を自国の特許庁に対して行うことにより、PCTの各締約国に対して特許出願をしたのと同じ効果が与えられる出願です。
パリ優先出願 国内に最初の出願をしておいてから、パリ条約に基づく優先権(パリ優先権)を主張して各国に出願する方法です。
直接出願 権利を取得したい国に直接出願する方法です。

外国意匠出願

必要な書類や手続は国ごとに大きく異なりますので、諸外国の弁理士との連携により円滑な権利取得をお手伝いします。

パリ優先出願 国内に最初の出願をしておいてから、パリ条約に基づく優先権(パリ優先権)を主張して各国に出願する方法です。
直接出願 権利を取得したい国に直接出願する方法です。

外国商標出願

お客様のビジネスの状況や権利を取得する国の数等を考慮して、最適な出願の方法をご提案します。

マドプロ出願 マドプロ出願とは、マドリッドプロトコルに基づいて、国際的に統一された手続を自国の特許庁に対して行うことにより、多数の国(指定国)への商標登録出願を行ったと同様の効果が与えられる出願です。
パリ優先出願 国内に最初の出願をしておいてから、パリ条約に基づく優先権(パリ優先権)を主張して各国に出願する方法です。
直接出願 権利を取得したい国に直接出願する方法です。

お問い合わせはこちらから

このページの先頭へ