拒絶査定

意見書や補正書によっても拒絶理由が解消せず、特許要件を満たしていないと判断されると、出願が拒絶され、「拒絶査定謄本」が送達されます。