手続補正

補正命令に対して、「補正書」を提出することができ、再び審査がなされます。